2015年2月8日日曜日

骨董市レビュー  神川町骨董市について

二箇所目の骨董市レビューは神川町骨董市についてです。
埼玉県児玉郡神川町八日市10-1
毎週日曜日開催。
6時~14時迄
JR八高線丹荘駅下車5分とあるので、歩きの場合はかなり時間が掛かることだろう。
場所も田舎なので、車で行った方がいいかもしれない。
ちなみに駐車場はかなり広いが、早めの時間に行かないと、会場に停められず、田んぼ道に停めてかなり歩くことになるので注意が必要だ。

気合を入れていくのならば日の出前に行くのが良いと思います。

実際、骨董市なんかだとライト片手に品物を探すとかありますので・・・
この骨董市の色としては、新旧の品物が入り混じって、まさに宝探し状態である。
革製品、乾物、服、雑貨等。
骨董市と、フリーマーケットのごった煮みたいな感じです。
しかし、広い会場の中に色々な業者がひしめき合っているので、かなり楽しめるのではないかと思います。
私的には結構お気に入りの場所です。
はじめ行く方とかは判らないと思うのですが、骨董市とか、フリマって、ここに限らず鉄則がありまして・・・
●早い時間に行く、可能であれば業者が店を並べに来る位に行く。
(良い品から売れていきます、そして業者同士で売り買いする場合が多いので、一般客が見る頃には良い品なんぞなくなっている場合もあります。)


●値段交渉は可能な限りする。
(中には良心的な方も居るのですが、吹っ掛けて来る方が大半なので・・・かと言って、度を越した値段交渉はやめましょう。)


●気に入った品物があっても欲しそうな顔を出さない。
(コレをしてしまうと吹っかけられる場合が多々あります、しかも値引いてくれなかったりするのでいい事無いです、顔や態度には出さないようにしましょう。)



●品物を良く見る(時代は大丈夫か、傷、破損は無いか等)
(基本的に現状優先の現状販売です、後から返品なんぞ以ての外で、やっては駄目な行為だと思います・・・)



●まだ、出していない品物が無いか聞いてみる。
(いろいろな事情で出してない場合が御座います、気になる事は聞いた方が良いです・・・) 

0 件のコメント:

コメントを投稿