2016年8月23日火曜日

今話題のおっさんレンタルとは・・・?需要はあるのか?

貴方は今話題のおっさんレンタルを知っていますか?

御存じない方は下記のサイトを見てください。


おっさんレンタル on the BASE




文字通りに、おっさんが1時間1000円でレンタル出来るのです・・・



そしてコミケの売り子としてレンタルしようと言う強者まで現れる。
(正確にはレンタルしたかな。)




サイトを見てみても、豊富なバリエーションで面白いです。

相談相手としても良い様な気がする。

額面通りに受け取ったら、社会的地位の高い方が多いので、色々な回答が期待できそうです。

2016年8月22日月曜日

ちょっと待ってくれ・・・それは本当にウランガラスか?業者でさえ間違えているウランガラスの発光とは・・・その2


前回よりの続きです・・・


本当のウランガラスの発光は力強く、非常に綺麗です。

それに比べて、不純物(カリウムガラス含む)の発光は弱弱しく、ライト自体の力で無理やり発光しているようなイメージです。



早速画像で比べてみましょう・・・





画像で一見するだけでどれが強い発光をしているかわかると思います。


真ん中の画像のみがウランガラスではありません。










ちなみにカメラ撮影の場合は露光時間で光を強く見せる事も可能なので注意が必要です。

上記の真ん中の画像は、露光時間を長くしてあります。



やはり一番良いのは、実物を見て買う事でしょう・・・



実物であれば、ウランガラスか、どうかはハッキリ判りますので。

カリガラスと比べると、それくらいの光の強さの差があります。








しっかし、カリガラスかウランガラスかの違いも判らないオークションに多数居る骨董屋ってどうなの?

勉強不足だよなぁ・・・

それか悪意を持って商いしているか・・・


どちらかでしょうね。


何にせよ、騙されない様に、ネットで買う時は注意して下さい。

折角、自分の大切な、お金を使うのだから自らも勉強して知識を蓄えてください。



2016年8月13日土曜日

ちょっと待ってくれ・・・それは本当にウランガラスか?業者でさえ間違えているウランガラスの発光とは・・・その1

この記事は、いつかちゃんと書かないとなぁ・・・と思っていた記事です。



猿でも判るように専門的な言葉等を極力排して書きます。




まず、ウランガラスを御存知ですか?


ガラスの中にウランが入っています。

基本的にガラスの色は黄緑色、緑色です。

無色透明のウランガラスは無い。(非常に微量の含有量)

紫外線ライトを当てると蛍光緑に発光します。


非常に簡単に書きました。




さて、僕の近況の話で申し訳ないのですが、オークションでウランガラスの氷コップを買ったんです。

三点買いました。

勿論、タイトルや説明文にウランガラスと記載のあるものです。

結果を言いますと全てウランガラスではありませんでした。



ちなみに出品者は、素人さんから1点買い、店舗も構えているプロの骨董商から2点買いました・・・

素人さんは、まだいいですよ・・・

問題の骨董商に、届いた商品が2点ともウランガラスで無い旨を伝えると、「すいません、紫外線ランプ当てて確認しませんでした~」

・・・

・・・・・

・・・・・・・



うん・・・最低の仕事だね、金額の問題でなく、プロとしての自覚が足りてない最低の販売をしたと思います。

と言うか限りなくグレーゾーンだよね。

返品には応じるらしいので正確には詐欺ではないが、知らない素人の人ならそのまんまでしょ?


こういう勉強不足の輩は真面目にやってる骨董商からすると非常に迷惑なので、古物商の鑑札を公安に返却して、店の看板も下ろして下さい、と真面目に思います。


ねぇ、ビクター犬を大量に置いてある某骨董屋さん?

ちなみに特商表示はちゃんと記載しろよ?義務違反だからね。




ちなみに返品はしない、そのかわりブログに書く。





さて、怒りもぶちまけた所で、ウランガラスの誤解について書きます。

よくオークションで無色透明のガラスにUVランプ(ブラックランプ)を当てて、緑色になっているからウランガラスです。とされている場合があるのですが、これは大きな間違いです。




無色透明のガラスでウランガラスは限りなく99%の確立で存在しないです。
(正確にはウランガラスと謳っては、いけないレベルのウラン含有量か、カリウムガラスのため)



「でもさ、オークションの画像で無色透明のガラスに、UVランプが当てられて蛍光緑になってる画像があるよ?」こう言う方もいるかも知れません。


でもその答えは、それはウランが発光しているんじゃなくて、ガラス内部のカリウムや不純物が反応しているだけです!
ウランは極々多少は入っているかもね・・・(凄い極端な言い方だけどね)


更にハッキリ言うと、ウランガラスの発光と、無色透明の不純物発光は全くの別物です。

実物を比べると一目瞭然でしょう。


ウランガラスの発光は力強く、本当に綺麗です。

それに比べて、不純物の発光は弱弱しく、ライト自体の力で無理やり発光しているようなイメージです。



次回は画像で説明します。


その2に続きます。

【VANSONのNEW FANNY-PACK】バンソンのニューファニーパックを購入した件についての話し。





バックドロップ完全別注によるウエストポーチです。
VANSON(バンソン)らしい重厚な革を使用したウエストポーチは、ダブルリング式で85cmの長めのストラップで斜め掛けにも対応。ポーチ部分は幅が約28cm、縦が約14.5cmのサイズで、見た目より意外にも容量は多く、使い勝手の良さがポイント。



実はこのウェストポーチは以前にも所有していた事がある。


何故手放してしまったのか?理由は覚えていないが・・・


最近非常に欲しくなり、また再度購入してしまった。



バックドロップの別注なのでクロスボーンが付けてあり、良い感じのワンポイントになっている。

バックドロップと言えば渋カジの殿堂で、聖地と言っても良いだろう。

1977年より東京渋谷で営業を続けているので渋谷の歴史を見てきたショップさんである。



なんと来年で40周年である!


渋谷と言う競争の激しい場所で長年商いをされている凄いショップさんなのです。




渋カジといえば、僕の年代は渋カジ全盛ではなく、当時の熱狂振りは知る由も無いだが・・・

当時はバンソン狩とかあったらしいが、何とも恐ろしい話しだ。


僕の世代はG-SHOCKが非常に流行っていたので、かの有名なエアマックス狩りなんかもあったなぁ・・・

学校にエアクッションが入っているスニーカーなんて履いて来ようものならエア抜きされてしまう時代でしたね。

ちなみに今は無き「GET ON」が愛読書でした。



さて・・・ポーチの紹介です。


御覧の通り、全て本革です。

バンソンらしく、厚くてしなやかな革が使用されていますが、手に持った感じは軽いです。

内部にポケットは一箇所のみ。

余計な機能や裏地が無いから余計に軽いんだろうな。



でもねー結構な容量で何でも入ります。

500mlのペットなんかも入っちゃう。(水滴とかで濡れるの怖くて入れないけどね・・・)

定番の形だから着る服も選ばずに使用出来るはず・・・

かと言って存在感が無い訳じゃないんです。


今時の合皮バックなんか相手にならない位の存在感です。

黙ってても存在感のある人っているじゃないですか?そんな感じ。


金額がちょっと高いけど、気に入ったのなら無理しても買う価値ありです。

2016年8月6日土曜日

最近地震が多すぎる件について・・・不安すぎる。

今住んでる所は、埼玉県東部なのですが、最近震度1や2クラスの地震が非常に多いです。

一日に数回ある場合もあり、非常に不安です。


大きな地震が来る前兆でなければいいのだけど・・・


自宅兼事務所なので、商品在庫も置いてあるのですが、棚に置かれたガラス類が軽い揺れが来る度ガチャガチャ鳴るので直ぐに判るのです。


でかい地震が来たら倒れてしまうから、そろそろ対策しないとエライ損害になると思いつつ、生来の面倒くさがりの性格が邪魔をして、未だに対策をしておりません。



軽い揺れでも非常に困るのが水槽で、水がこぼれてしまう事もしばしばあり、皆どうしてるんだろうなー?と思っております。


現在マンションの三階住みだから、水槽自体が破損して全部の水がこぼれたら、とんでもない事になります。

水を減らす位しか、対策し様がないよなぁ・・・



何にせよデカイ地震が来ないことを祈っております。